TOEIC試験の対策法

TOEIC試験の対策法 TOEIC対策

TOEICといえば英語を勉強している方で知らない人はいないように、英語の基本的な能力を測るための試験として広く認知されています。TOEICが特に重要になってくるのは就職試験の時であり、企業によってはTOEICのスコアにより書類選考が足切りになったり、書類選考にすらたどり着けないこともあるほどです。また社会人になっても人材評価の一環として使われており、有名企業ではTOEICで一定スコアに達していないと待遇に影響が出てくるほど。ここではそんなTOEICについてスコアアップのための対策やスコアアップのためのおすすめのサービスを紹介していきましょう。

TOEIC試験とは?

そもそもTOEICは「Test Of English for International Communication」の略であり国際コミュニケーション英語能力テストなどと翻訳されます。 試験の開発、運営、評価は、非営利団体である教育試験サービスが行っており、英語のコミュニケーション能力を測るためのテストとして主にアジア圏で広く用いられています。

そもそもTOEICには2つの異なる試験が存在します。ひとつには、Listening & Reading (L&R)であり、リスニングとリーディングが出題され、いわゆるTOEICといえば普通はこちらを指します。もうひとつはSpeaking & Writing (S&W)というものであり、スピーキングやライティングの能力を測るための試験となっています。

他の試験との違い

TOEICを他の英語関連の試験と比較すると、その重要性がわかると思います。

まず日本の英語検定(英検)と呼ばれるものです。英検は学校では比較的有名なのですが、社会に出てみると評価はあまり高くないことに気がつくと思います。英検がそもそも日本人を対象としていることでユニバースが狭く、英検○級と言われてもピンとこない方が多いのです。もちろん英検も準1級、1級になると検定の難易度としてもかなり高くなるのですが、それでもその難しさが世間にはなかなか認知されていないようです。

逆に、国際的にはTOEICよりも認知度が高いのがTOEFLやIELTSといった試験です。前者は主にアメリカの大学に出願する時に使い、後者は国際的に英語の能力を測る検定として、どちらも非常に有名です。しかし、日本ではあまり認知されていないというか、そこまでのレベルが求められていないという空気があります。例えばTOEFLの試験は大学の専門的な講義やディカッションについていけるかを試すものであり、TOEICでは問われることのない学術的な分野の基礎単語などが多く使われ、問題の素材となる文章も、日常英会話や日常コミュニケーションというより大学の基礎分野で使うテキストの雰囲気を感じさせます。

そのような絶妙な国際的な知名度、スコアという単一尺度によるレベルの分かりやすさ、難しすぎない難易度の設定により、TOEICは日本で英語能力を測る試験としての地位を確立するに至ったと言えるでしょう。

IELTS(アイエルツ)って何?英語を勉強するなら知っておきたい試験のこと
英語を勉強しているとIELTSという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?「IELTSを受験してみたい」「他の試験との違いはなんだろう」と考えている方も多いのですが、試験の詳細について世間で出回っている情報は充実しているとは言えず、...

TOEICのスコアの目安

TOEIC L&Rのスコアは最低スコアが10点、最高スコアが990点となっています。問題数は決まっていますが、スコアはその回で受験した相対的な出来具合がスコアに反映されます。そのため、同じ正答率であってもスコアは同じとはならず、概ねプラスマイナス25点くらいのブレがあると思っておくと良いでしょう。

スコアの目安として、一般的な大企業ではスコアが800点以上または860点以上ならそれなりに英語ができると評価されるようです。以前は公式で以下のようにスコアを表現していましたが、現在ではその区切りは異なっており、600点くらいからがある程度限定されたコミュニケーションが取れると捉えらています。

・【Aランク】スコア860点以上:英語で十分なコミュニケーションがとれる
・【Bランク】スコア730点以上:適切なコミュニケーションがとれる
・【Cランク】スコア470点以上:限定された範囲内でコミュニケーションがとれる
・【Dランク】スコア220点以上:通常会話で最低限のコミュニケーションがとれる
・【Eランク】スコア220点未満:コミュニケーションができるまでに至っていない

TOEIC S&Wのスコアは最低スコアが0点、最高スコアが400点となっています。能力別の評価が行われ、スピーキングは8段階、ライティングは9段階で評価されます。各パート200点であり、160点〜180点のスコア帯が受験者全体の上位15%、190点〜200点のスコア帯が受験者全体の上位3%です。TOEIC L&Rの次のステップとして考えられているため、受験者全体のレベルがそれなりに高いという特徴があります。

TOEICの対策法とは?


TOEICは多くの他の試験と同じように基本的には必ず正解がある試験です。言い換えれば正解に至るプロセスは重要ですが、もし単純にスコアアップを狙いたいのであれば、あるいは評価のためにとにかく早くスコアをあげたいということであれば、それなりの試験対策が必要となってきます。

幸運にも、TOEICの問題はある程度は出題のパターンが決まっており、奇抜な問題がほとんど出題されないことから、基礎に忠実に勉強し実力を上げつつ、スコアアップのためのノウハウを身につけることで、大きな飛躍を狙うことができます。

新着記事の一覧


ここではTOEICスコアアップのための勉強法や関連情報を取り上げていきましょう。

TOEIC対策

TOEIC対策におすすめの英会話レッスン【本気でスコアアップしたい人にだけ教えます】

TOEIC対策

多くの英語学習者が正しく理解できていないTOEICスコアと年収の関係

TOEIC対策

TOEIC S&W ライティングの勉強法と高得点のコツ

TOEIC対策

TOEIC S&W スピーキングの勉強法と高得点のコツ

TOEIC対策

【徹底攻略】TOEIC L&R Part7の勉強法と高得点のコツ

TOEIC対策

【徹底攻略】TOEIC L&R Part6の勉強法と高得点のコツ

TOEIC対策

【徹底攻略】TOEIC L&R Part5の勉強法と高得点のコツ

TOEIC対策

【徹底攻略】TOEIC L&R Part4の勉強法と高得点のコツ

TOEIC対策

【徹底攻略】TOEIC L&R Part3の勉強法と高得点のコツ

TOEIC対策

【徹底攻略】TOEIC L&R Part2の勉強法と高得点のコツ

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました