中高生向け英会話レッスンの比較ポイント〜オンライン英会話編〜

目的別

これまで「聞く・読む」が中心だった日本の英語教育は、「聞く・読む・話す・書く」の4つの技能を重視するよう移り変わってきています。カリキュラムが見直され、今や小学3年生の段階から英語の授業が必修化されるとともに、中学校・高校で必要となる語彙もこれまで以上に増えました。一方、英語での発言の機会が限られる中学校の授業のみでは、必要な英語力(英会話力)の習得は難しく、読み書きの学習に偏りがちな家庭での学習では「話す力」を伸ばすにも限界があります。今回は、本格的に英会話の能力を鍛えるべく、中学生・高校生向けのオンライン英会話を比較して紹介してきましょう。

中学生・高校生が英会話を学ぶ必要性

今や日本は少子高齢化社会を迎え、これまで以上に経済的に恵まれた生活を送るためには国際的な感覚を持つことが求められるようになってきました。
トップアスリートやアーティストを目指す人はもちろん、ビジネスの場で活躍するためにも、今や世界中の人とコミュニケーションをとることが必要となっているのです。

日本でも小学校の段階から英語学習のカリキュラムが設定され、中学校・高校生が学ぶべき内容も増えただけでなく「話す力」というより実践的な能力を求められるようになったことで、より一層「英語ができる人」と「英語ができない人」の差が広がっているのが実情です。

高校でも「聞く・読む・話す・書く」能力を測るテストであるGTECが実施されることが増え、ひとりひとりの英語力が残酷なまでにスコア化されます。そのほかにも英検に加え、TOEIC・TOEFL・IELTSなどの第三者機関による英語検定が、成績や受験に響くようになってきています。

英会話ができることは英語の教科の成績に深く関わることはもちろんのこと、未来の大きな夢に向かっていくための自信を育むという意味でも、将来を大きく左右するといっても過言ではありません。

学校の授業や家庭で英会話を身につけることは難しい

誤解を恐れず言えば、中学校・高校の授業で英語を身につけることは不可能です。旧来の英文法や英単語の勉強を削るわけにもいかず、学校の勉強ではどうしてもリーディングやリスニングに偏りがちです。

学校の授業でもスピーキングを取り入れてきてはいるものの、絶対的に発言の機会が限られており、ひとりひとりへのフォローもとても十分とは言えません。

そして、その問題は家庭でも同じことが言えます。いったい誰が英会話を教えてくれるというのでしょうか?家庭で英会話を身につけることの困難さは、想像に難しくありません。

そこで、活用したいのが英会話スクール、それも家庭で時間に縛られず受講できる「オンライン英会話」のサービスなのです。

中高生向けオンライン英会話の選び方

中高生向けコースがあるか

中高生向けオンライン英会話スクールを選ぶ上でまず確認しておきたい点は、「中高生向けのコースがあるか」という点です。キッズ向けや大人向けのレッスンではトピックや得られる技能が微妙にずれており、中高生が求める成果はなかなか感じられないものです。

同じ年齢であっても身に付けたい英語のレベルは人それぞれで、「学校の授業についていきたい」「学校・受験で良い成績をとりたい」「本気で留学を考えている」「将来、世界で活躍するために英会話スキルを磨く」など、学習目的や目指すレベルは生徒により異なるため、それぞれのニーズに合ったレッスンが提供されているかどうか確認しておきましょう。

また、いくら自分のためだとわかっていてもなかなか勉強が続けられないのもよくあることです。学習目的によりレッスンの内容は大きく変わりますが、目標とともに楽しく英語を学べるようなオンライン英会話を選ぶとよいでしょう。

レッスン・講師の質は充実しているか

レッスン・講師の質もオンライン英会話を選ぶ上でチェックしておきたいポイントです。ホームページ等で講師の採用基準を公開しているところがほとんどですので、チェックしておきましょう。

講師の国籍も要チェックです。英会話スクールの講師は「フィリピン人講師」「ネイティブ講師」「日本人バイリンガル講師」などに分けられ、オンライン英会話によって在籍している講師の属性が異なります。傾向としては、フィリピン人講師ではレッスン料金は安め、ネイティブ講師ではレッスン料金は高くなりますが生の英語に触れることが可能です。また、日本語が話せる講師の方が安心という場合もあるでしょう。

このあたりは実際に体験レッスンを受けてみて、感触を確かめておくことも重要です。体験レッスンを無料で行なっているところも多いですから、積極的に参加して検討するとよいでしょう。

レッスン料金・受講時間

英会話教室といえば色々なところでお金がかかるようになるイメージがあるかもしれませんが、オンライン英会話では入会金や教材費がかからないケースが多く、支払うのは毎月のレッスン料金のみです。英会話教室に通う場合と比較して、リーズナブルな料金で利用することが可能です。

また、レッスン回数も週に数回など定期的に受講するものから、毎日受講できるものまでオンライン英会話や選択するコースにより様々です。中高生にもなれば部活やイベントなど日中は様々な予定が入っている人もいることでしょう。オンライン英会話であれば朝早くから夜遅くまでレッスンを受けることが可能ですから、時間に縛られる英会話を身につけていくことができます。

中高生向けオンライン英会話スクールの比較

オンライン英会話トップシェアの実績:レアジョブ

レアジョブ

レアジョブ英会話はシェアNo.1の人気オンライン英会話教室です。新聞やテレビでも多数取り上げられ、国内ではオンライン英会話業界のトップに位置します。2007年の創業開始から受講者数80万人以上を誇り、講師陣も6,000人以上を揃えています。

「中学・高校生コース」では英語4技能(読む・聞く・書く・話す)の強化に特化したカリキュラムに加え、英検二次試験対策など高校生に必要な英会話スキルを重点的に伸ばす構成となっています。
レッスンは国際的な英語教授資格「TESOL」を取得したコーチでかつ、中高生専用トレーニングを受けた認定講師のみが担当しており、質の高いマンツーマンレッスンを受講することができます。

レッスンはパソコンのブラウザ上、またはスマホ・タブレットの専用アプリから受講可能で、Skypeのような外部アカウントを登録する必要がなく、スマホ一つで簡単にレッスンを受けられる点も魅力的です。

無料レッスンは2回まで受講可能です。

サービス名 レアジョブ
対象 中学・高校生コース
URL https://www.rarejob.com/
入学金 無料
コース ・中学・高校生コース:10,580円(税込)
・あんしんパッケージ(オプション):+1,078円
教材費用 無料
料金システム レッスン料金(月額制)  
レッスン時間 1レッスンあたり25分
授業時間 朝6:00~夜25:00

レアジョブ 公式サイト

カランメソッド正式認定と講師の質に定評:QQ English

QQEnglish

QQ Englishは2009年にサービスを開始しオンライン英会話サービスにて11年の歴史を持つオンライン専門の英会話スクールです。QQキッズという子供向けのサービスも提供しており、楽しみながらレッスンに取り組み、英語を話せるまでレベルアップできるレッスン構成に自信があります。

QQ Englishは中学生向けに「中学英語Web講座」を用意しており、学習指導要領に対応したレッスンを受けることができます。英会話を中心としたレッスンを行い、中学英語を「話せる」レベルまで引き上げるレッスンの質の高さに定評があります。

また、カランメソッドの正式認定校であり対応したコースを提供しています。カランメソッドとは、ロンドンで誕生し世界中で支持されてきた英会話の訓練法であり、講師が速いスピードで英語のフレーズを繰り出し、それに対して生徒が瞬時にフルセンテンスで回答することで英語の瞬発力を鍛えるというメソッドです。生徒が答えられなかった場合でも、講師は回答を待たず会話を先に進めていくため、ややスパルタ的な学習法とも言えますが、生徒は常にレッスンへの集中が求められ、英語力とともに集中力が鍛えられます。

無料レッスンは2回まで受講可能です。

サービス名 QQ English
対象 中学生向け(中学英語Web講座)、初心者向け(QQE Basics)
URL https://www.qqeng.com/
入学金 無料
コース ・月4回:2,178円/月(税込)
・月8回:4,054円/月(税込)
・月16回:7,348円/月(税込)
・月30回:10,648円/月(税込)
教材費用 無料、講義連動テキストのオプションあり
料金システム レッスン料金(月額制)  
レッスン時間 1レッスンあたり25分
授業時間 24時間

QQ English 公式サイトへ

実績ある学研の英語学習プログラム:Kiminiオンライン英会話

Kiminiオンライン英会話は参考書や教材の開発で70年の実績を持つ学研グループによるオンライン英会話サービスです。教材を多数リリースしてきた学研のノウハウにより、年齢やレベルに合わせて考えられたカリキュラムとなており、予習や復習を交えながら楽しく英会話が身につくレッスン設計となっています。

Kiminiオンライン英会話では学年別の学習指導要領に基づいた教材を用いて学習を行います。中学校で学ぶ単語や会話表現を中心にレッスンを行うため、中学校で学習する内容に沿ってオンライン英会話で学習するため、英語の基礎力をしっかりと身に付けることができます。さらに、レッスンごとに予習・復習課題が用意されており、進捗度テストも実施するなど、着実にステップアップすることができるカリキュラムとなっています。

効率良く学習を進められるようレッスンには独自の通信システムを使用しており、パソコンやタブレットに加えスマートフォンのアプリからレッスンを受講することも可能です。(※スマホのアプリはiOS版のみ対応)

講師はフィリピン人が担当。無料レッスンは10日間受講できますので、カリキュラムをじっくり検討できます。

サービス名 Kiminiオンライン英会話
対象 中学生コース
URL https://glats.co.jp/
入学金 無料
コース ●スタンダードプラン:1日最大1レッスン
・6,028円(税込)/月
●ダブルプラン:1日最大2レッスン
・10,428円(税込)/月
●プレミアムプラン:最大1日最大4レッスン
・17,028円(税込)/月
教材費用 無料
料金システム レッスン料金(月額制)  
レッスン時間 1レッスンあたり25分
授業時間 6時~24時

Kimini英会話 公式サイトへ

スピーキングとライティングを集中強化:Best Teacher

Best Teacher

Best Teacher(ベストティーチャー)は、日本人が苦手としているスピーキングとライティングを徹底強化できるオンライン英会話です。日々の授業対策や試験対策に利用することもできるため、中学生・高校生の英語対策としてはバッチリでしょう。これから各種試験対策を本格的に考えている方におすすめのオンライン英会話スクールです。

英語4技能試験対策では、主に、日本人が苦手なスピーキング・ライティングスキルをのばすことが鍵となります。ライティングレッスン、添削サービス、復習機能、スピーキングレッスンがすべて組み込まれているので、効果的な学習に取り組むことができます。

検定対策ではコース専門のレッスンが少なく、試験対策にどのコースを選ぶべきか迷いがちです。Best Teacherでは、英検に加え、TOEFL® iBT、IELTS™、TOEIC® SW、GTEC CBT、TEAPなど資格試験ごとにコースが用意されているため、自身が受験予定の試験の対策を進めることが可能です。大学受験対策で、外部検定試験対策をこれから本格的に始めようとしている方におすすめです。また、英検®対策なら級をあげたいときは1ヵ月に1回上級クラスに変更することができるため、適宜レベルアップも図れます。

無料レッスンは1回のみ受講可能です。

サービス名 Best Teacher(ベストティーチャー)
対象 中学生、高校生
URL https://www.best-teacher-inc.com/
入学金 無料
コース ●通常英会話コース:月12,000円(税込)
●英検対策コース:月16,500円(税込)
●試験対策コース:月16,500円(税込)
・TOEFL® iBTコース、TOEIC® SW対策コース、
IELTS™対策コース、GTEC CBT対策コース、TEAP対策コース
教材費用 無料
料金システム レッスン料金(月額制)  
レッスン時間 1レッスンあたり25分
授業時間 24時間

Best Teacher 公式サイトへ

大学入試外部検定試験にも対応:産経オンライン英会話Plus

産経オンライン英会話Plus

産経オンライン英会話Plusは産経新聞でおなじみの産経グループが提供する2012年より開始されたオンライン英会話サービスです。オフィスでの挨拶など初心者向けのカリキュラムから、会議やプレゼンテーションなど中上級者向けのカリキュラムがあります。

大学入試の試験は2020年度(2021年1月実施)より大きく変わります。(参考:大学入試センターHP)これまでの大学入試センター試験に代わり、2020年度から「大学入学共通テスト」が新しくスタートします。英語については民間の資格・検定試験(外部検定試験)が活用され流ようになり、これまでの大学入試で問われていた「聞く・読む」2つの技能に代わり、今後は「読む・聞く・話す・書く」の4技能の全てが評価されるようになり、感想や意見を発信できる力が求められます。

産経オンライン英会話Plusでは高校生を対象に学校教科書準拠した内容で英会話を習得するためのレッスンとともに、大学入試制度の変更に対応できるカリキュラムを提供しており、高校生向けのオンライン英会話として有力な選択肢になると言えます。

また、産経オンライン英会話Plusは採用率5%の5段階選考を通過した優秀な講師陣、全部で750以上にもなる豊富なレッスン教材、短期集中受講が可能なレッスンチケットプラン、授業後の講師からの詳細なレッスンレポートなど、総合的なサービス品質が非常に高いといえます。国内のオンライン英会話事業者として初めて2種類の教育ISO認証を取得しています。

サービス名 産経オンライン英会話Plus
対象 学校教科書準拠(中学生向け)、大学入試外部検定試験対応(高校生向け)
URL https://human.sankei.co.jp/
入学金 無料
コース ・毎日25分プラン(1レッスン):6,090円(税込)
・毎日50分プラン(2レッスン):9,981円(税込)
・週末毎日50分プラン(2レッスン):6,090円(税込)
教材費用 無料
料金システム レッスン料金(月額制)  
レッスン時間 1レッスンあたり25分
授業時間 5時~25時

産経オンライン英会話Plus 公式サイトへ

まとめ

これまで中高生向けオンライン英会話スクールを比較してきましたが、いかがでしたでしょうか?どれを選ぶか迷ってしまうと思いますが、最終的には実際に体験レッスンを受けてみて、感触を確かめておくことが重要です。体験レッスンを無料で行なっているところも多いですから、将来のためにも積極的に検討していくとよいでしょう。

関連する以下の記事もおすすめです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました