はじめての英会話スクール、初心者のためのスクールの選び方

目的別

英語を学ぼうと考えたとき、誰もが真っ先に思い浮かべるのが英会話スクールへの通学ではないでしょうか。はじめて英会話スクールへの通学を検討されている方にとって、英会話スクールに関する情報は何を見るべきかわからない方も多いはずです。特に、最近では英語学習者のニーズが多様化しており、英会話スクールも様々なタイプの学校やプログラムが出てきています。ここでは初心者が英会話スクールを選ぶための情報をまとめましたので、数多くある英会話スクールの中から自分に合ったスクールを見つけていきましょう。

英会話スクールの需要はますます高まっている

英会話スクールは英語を学ぶ日本人にとって人気で最も重要な学習手段のひとつですが、近年その需要がますます増加しているのはご存知でしょうか?最近ではオンライン英会話や英語学習アプリなど、新しい安価な学習手段が増えていますが、依然として英会話スクールへの人気の上昇はとどまることを知りません。

ここではそれを裏付ける供給と需要の数字を紹介しておきましょう。経済産業省が公表している調査によれば、2020年時点で日本には英語を含む外国語教室が約4,000事業所あり、約500万人の受講生が通っています。(出所:特定サービス産業動態統計調査

受講生も毎年約10万人ずつ増えており、減少していく人口とは対照的なトレンドを形成しています。これは単に国際化の流れから英語学習の必要性が体現した数値であると言えます。

英会話スクールのメリット

英会話スクールへ通うことは、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは代表的なメリットを見てみましょう。

  • 学習リズムを作りやすく、継続しやすい
  • 講師と直接話すことができる
  • 日本人バイリンガル講師の授業も受けられる
  • 講師の指導力が高い
  • しっかりダメ出しをしてもらえる
  • 体系的なカリキュラムに基づいて英語を学べる
  • 英語学習仲間や友人ができる
  • カウンセラーに学習相談ができる

英会話スクールのタイプ

日本には大手の英会話スクールから個人がやっている小規模な教室まで、様々なタイプのスクールがあり、それぞれ特徴や強み異なります。どのタイプのスクールが合うのかは英語を学ぶ目的・目標はもちろん、性格によっても異なるため、学習を継続して成果を得るためには自分に合ったものを選ぶことが重要です。

大手英会話スクール

パーソナルコーチ系スクール

体験型・文化交流機関

  • ブリティッシュ・ヒルズ
  • ブリティッシュ・カウンシル
  • 日米会話学院

小規模スクール

これまで紹介した比較的有名な大手・準大手以外にも、日本で暮らすネイティブが個人や少人数で運営している英会話スクールなどがあります。こうした小規模なスクールはアットホームな雰囲気が魅力で、講師と受講生の距離が近く、受講生同士も仲良くなりやすいという特徴がありますね。もし自宅や職場の近くにスクールがある場合は、大手との比較も兼ねて一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

マンツーマンレッスンとグループレッスン

英会話スクールを選ぶ上で重要なのが、マンツーマンレッスンかグループレッスンかという点です。簡単にその違いを見ておきましょう。

マンツーマン グレープ
ひとりあたりの会話量 多い 少ない
レッスンのカスタマイズ できる できない
集団の中での会話 できない できる
学習仲間 つくりにくい つくりやすい
レッスンの料金 高い 安い

マンツーマンレッスン、グループレッスンを比較してみるといずれもメリット・デメリットがあります。英語学習において何を重要視するかは人によって異なるため、自分のニーズに合った形式を選択したいですね。

英会話スクールの料金

英会話スクールに通学する場合の料金はスクールやプログラムによって異なりますが、大まかな相場は理解しておきたいものです。

入学金 20,000円~30,000円
教材費用 15,000円~25,000円
レッスン料金 マンツーマンレッスン(1名):4,000円~9,000円
少人数レッスン(2~5名):2,000円~6,000円
グループレッスン(6~8名):2,000円~4,000円
スクール管理費用 (月額)500円~1,500円程度

より具体的な金額や内訳についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

英会話教室でのレッスン料金の相場は?スクール選びと必要な費用
英会話教室選びは様々なポイントを検討しながら行いますが、重要な比較ポイントとなるのが料金です。英会話教室の場合、レッスン料金以外にも入会金・教材費・スクール管理費などがかかり、それらを含めたトータルの金額でしっかりと検討する必要があります...

一般教育訓練給付制度も利用しよう

先ほど紹介した英会話スクールの料金を見て「こんなにかかるのか!」と驚いた方もいるかもしれません。もしあなたが会社勤めの社会人であれば、「一般教育訓練給付制度」というシステムを利用することを強くお勧めします。

「一般教育訓練給付制度」とは、一定の条件を満たす会社員が厚生労働大臣指定の「一般教育訓練給付制度対象コース」を受講し、修了後に申請をすると、実際に本人が支払った料金のうち20%(最大10万円)がハローワークから支給されるという制度のことを指します。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

【最大10万円】社会人は必見!受講料の20%が戻ってくる「一般教育訓練給付制度」とは?
英会話スクールを検討していながらも、料金の高さがネックで入会を躊躇していませんか?そんな社会人の方におすすめなのが、「一般教育訓練給付制度」の利用です。この制度を活用することで、英会話スクールへ支払う受講料の20%(最大10万円)が戻って...

英会話スクールの選び方

英会話スクールには様々なタイプが存在しており、自分に合ったスクールを見つけるためには選ぶための軸を定めて比較・検討を行うことが重要です。ここでは英会話スクールを選ぶ際にチェックしておきたいポイントをご紹介しましょう。

  • コースの内容
  • 学習メソッドの違い
  • カリキュラム
  • レッスン形式
  • 講師の質・人数・出身国
  • 教材
  • カウンセリングの有無や頻度
  • サポート体制
  • 受講生の属性
  • スクールの雰囲気
  • スクールの立地
  • レッスンの料金・費用

英会話スクールの特徴の早見表

まとめ

「英語をしっかり学びたい」「英会話を身につける必要性に迫られている」という方は非常に増えています。そんな方でも英会話スクールを活用することで、日本にいても英語をしっかり学ぶことができます。どの教室を利用しようか迷っている方はぜひ参考にしていただけると幸いです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました